様々な材質の実印

デザインや材質にこだわったオリジナル印鑑を作ろう - 象牙などの取り扱いについて

象牙などの取り扱いについて

実印にも、様々な材質のものが存在しています。
珍しいものの中には、琥珀などといったものもあるんですよ。
見た目も美しいですし、女性の方などには人気もあるようです。
琥珀は宝石としても用いられるものですから、価格帯は安いものではありませんが長く使用するものですし良いものを作成しておくというのもまた良いですよね。

中には「象牙」などの素材が用いられる場合もあります。
ここで疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そう、今では象牙に関しては輸入規制などがありますから中々お目にすることも少なくなりましたよね。
こうしたものは使用が出来ないのでは?不正なものなのでは?などと考えることもあるようですがそんな事は無いのです。

象牙を使用するという場合、在庫がある場合という店舗が大半です。
ですので、正当に入手しているものですので安心してご利用していただけるかと思います。
ショップの一部に関しては、そのような注意書きが書かれている場合もありますから気になるという方は一読しておくと納得できるのではないでしょうか。

高価なものではありますが、しっかりとした材質ですし見た目も非常に美しいというところから作成を依頼する方もまた多いようですよ。

象牙の実印がなぜ高価なのか

美しい見た目はもちろん、最高の印影を実現することが出来るとして、古くから実印の素材として用いられてきた素材といえば、象牙でしょう。
象牙というものは、やはり様々にある実印の素材の中でも、最も朱肉との相性がよく、美しい印影を実現することが出来るものとして非常に有名です。
最高級の実印素材とされているのです。
摩擦やこすれといったものにも最も強い素材とされていて、捺印する時とフィット感覚や実際に出来上がった印影を見た場合、その素晴らしさに感動をすることでしょう。

実印といった特に重要な印鑑の場合には、本当に多く使われている素材になります。
沢山の実印の素材というものがありますが、一度象牙を手にした方であれば、もう他の素材を手にすることはまったく頭の中から消し飛んでしまうくらいのインパクトがあるとされています。

一度象牙で印鑑を作ったことがある方であれば、一生涯の付き合いになることを実感でき、実印も当然に象牙で作るといった選択をする方がほとんどと言われています。
象牙の中でも実印の素材として最も適しているとされているのは、本象牙の印鑑です。
象牙の中でも最上級の素材とされており、巨大な象牙の中でも中心部分のみを使ったものを芯持ちとされる素材になります。
この芯持ちは本象牙の中でも最上級品であり、マグロでいうところの大トロであり、その中の腹カミという部分になるのがこの芯持ちの部分になるのです。

最も緻密であるとされている部分を利用して作られた商品ですから、耐久性に関しては申し分ないとされています。
その上で象牙素材の実印の最大の魅力は捺印した時の美しさにあります。
耐久性と機能性の両方を備えている素材というのは、そこまで多くはないのです。

象牙の中でも特殊なものとしては、象牙の芯の部分に対して直角にハンコになる部分を削りだすという日輪というものが存在します。
日輪の特徴は、その名の通り木の年輪のような綺麗な象牙の輪が模様としてハンコの側面に入ることになります。

新着情報

◆2014/08/19
象牙などの取り扱いについての情報を更新しました。
◆2014/07/22
サイトマップの情報を更新しました。